品質・衛生管理

Quality Management

精米製品も炊飯製品も、どちらの製造工程においても品質管理と衛生管理を徹底しています。

食品業界に必須のHACCPについても、業界認定の「精米HACCP」「炊飯HACCP」の

認定工場として、品質管理を行っております。

食品衛生管理の国際基準「精米HACCP」「炊飯HACCP」を認定取得しています。

HACCPとは?

「Hazard Analysis and Critical Control Point」の略語で、単語はそれぞれ「Hazard=危害」「Analysis=分析」「Critical=重要」「Control=管理」を意味します。食品の安全を確保するため、健康被害を起こす原因を予測し、危険なポイントを監視することで事故を未然に防ぐ手法です。2020年6月から改正食品衛生法が適用となり、飲食店を含むすべての食品を取り扱う企業でHACCPが義務化されました。

日本精米工業会
日本炊飯協会

精米HACCP認定証
炊飯HACCP認定証

HACCP認定工場としてさまざまな取り組みを行なっています。

精米工場と炊飯工場、どちらも国際基準であるHACCP手法を製造工程に取り入れ、すべての工程で管理を徹底して安全を確保しています。

組織の運営

  • 経営者の役割の明確化
  • コンプライアンスの強化
  • 教育訓練の実施
  • 緊急時の対応
  • 食品防御(フードディフェンス対応)
  • 検証および改善活動の実施

衛生管理の取り組み

  • 施設設備の衛生管理
  • 従業員の衛生教育
  • 施設設備及び機械器具の保守点検
  • そ族昆虫等の防除
  • 使用水の衛生管理
  • 排水及び廃棄物の衛生管理
  • 従事者の衛生管理
  • 製品や資材等の衛生的な取扱い
  • 製品の回収方法
  • 製品等の試験検査に用いる機械器具
    の保守点検

品質管理(製造管理)の取り組み

  • 品質基準
  • 製造工程の管理
  • 品質検査

HACCPシステム

  • HACCPチームの編成
  • 製品についての記述
  • 意図する用途の特定
  • 製造工程一覧図(フローダイヤグラム)
    作成
  • 製造工程一覧図の現場での確認
  • ハザード(危険要因)の分析
  • 重点管理点(CCP)の決定
  • 管理基準の設定
  • モニタリング方法の設定
  • 改善措置の設定
  • 検証方法の設定
  • 文書化及び記録の保持

信頼確保の取り組み

  • 製品の情報管理
  • トレーサビリティ
  • コミュニケーション
  • 省エネルギーの取り組み